*

■グエルチーノ展

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 上野・浅草

グエルチーノ6_sグエルチーノ《聖母被昇天》1622年頃 油彩/カンヴァス チェント、サンティッシモ・ロザリオ聖堂

グエルチーノ(本名ジョヴァンニ・フランチェスコ・バンビエーリ)はボローニャ近郊の小都市チェントに生まれ、ローマに一年半ほど滞在したほかは、生涯をチェントとボローニャで過ごしました。17世紀のボローニャはイタリア美術の中心地のひとつであり、「ボローニャ派」と呼ばれる画家たちが活動しました。グエルチーノはその代表的な存在です。

バロックは本来、不規則で動的な性格を持つ美術を指す言葉です。大きな流れとしては合っているのですが、実際にはルネサンスの画家ラファエロらの表現に倣った古典主義的な傾向も流行し、多様な個性を持つ画家たちが活動しました。グエルチーノも流行を敏感に感じ取り、自ら画風を変化させています。イタリアではやがて活力に富んだ劇的な表現が建築・彫刻・絵画の各ジャンルで一層の進展を見せ、しばしばジャンルを統合した劇場的な表現を取るようになっていきました。

画風の変化とともにグエルチーノの世界をお楽しみください。

<開催期間>2015年3月3日(火)~2015年5月31日(日)9:30~17:30(金曜は20:00まで)

<開催場所>国立西洋美術館

※詳細につきましては、HPでお確かめください。http://www.tbs.co.jp/guercino2015/

 

 

関連記事

みちのくの仏像1

■特別展「みちのくの仏像」

【国宝 薬師如来坐像】 平安時代・ 9世紀 福島・勝常寺蔵 みちのくの仏像といえば、

記事を読む

ハトシェプスト女王像1

■メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神|東京イベント

東京都美術館 メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神 2014年9月23日まで ハ

記事を読む

大江戸と洛中〜アジアのなかの都市景観〜

■大江戸と洛中〜アジアのなかの都市景観〜|東京イベント

江戸東京博物館 3月18日(火)〜5月11日(日)まで 坤輿万国全図 3幅一揃 江戸時代

記事を読む

カクテルリング

■橋本コレクション 指輪 神々の時代から現代まで ― 時を超える輝き|東京イベント

指輪を中心とする宝飾品約870点からなる「橋本コレクション」が国立西洋美術館に寄贈されたのは、201

記事を読む

hakusai_tenjishitsu

■特別展「台北 國立故宮博物院−神品至宝−」|東京イベント

東京国立博物館 平成館特別展示室本館特別5室(「翠玉白菜」展示期間のみ) 2014年6月24日~

記事を読む

明治のこころ -モースが見た庶民のくらし-|東京イベント

明治のこころ -モースが見た庶民のくらし-|東京イベント

 江戸東京博物館 平成25年9月14日(土)~12月8日(日) エドワード・モースは大森貝塚

記事を読む

火焔型土器1

■発掘された日本列島2014 日本発掘|東京イベント

江戸東京博物館 発掘された日本列島2014 日本発掘 2014年9月15日まで 火焔型土器 

記事を読む

gotouchi_chara

■ご当地キャラクターフェスティバルin すみだ 2014|東京イベント

東京スカイツリータウン1階 ソラマチひろば、浅草通り(おしなり商店街)、大横川親水公園 2014年

記事を読む

モネ 風景をみる眼 19世紀フランス風景画の革新

モネ 風景をみる眼 19世紀フランス風景画の革新|東京イベント

2013年12月7日(土)~2014年3月9日(日)   昨年12月に

記事を読む

group_selection1

■第3回 都美セレクション グループ展|東京イベント

従来の発想にとらわれない新しい表現を追求する現代作家たちの創作活動の支援を目的とし、グループ

記事を読む

no image
□ダナエの愛

演出:深作健太   幻の傑作を観ることのできる貴

⑩-2
□アート オブ ブルガリ              130年にわたるイタリアの美の至宝

ソートワール(部分) 1969年 プラチナ、サファイア、ダイヤモンド

イメージ画像 縮小版
□WORLD HIGHBALL & BEER PARK

WORLD HIGHBALL & BEER PARK は、ミシ

梅棒メインビジュアル
□梅棒 4th PLAYクロス ジンジャー ハリケーン

彼らの舞台にセリフはいらない!!有りそうで無かった、新しいダン

【メインビジュアル】アートアクアリウム 縮小版
□ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2015~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム

日本橋会場でアートアクアリウム展を開催するのは、日本橋が架橋1

→もっと見る

PAGE TOP ↑